電気工事屋に頼まずに自分でテレビアンテナの設置工事も可能

電気工事屋のメリットと設置工事にかかる費用

DIYでテレビアンテナ設置工事~費用を安く抑えられる~

できるだけ費用を抑えて、テレビアンテナの設置工事をしたいと考えている人もいるでしょう。最近はネット通販でアンテナを購入して、電気工事屋に頼まずに自分で設置する人もいます。ここでは、自分で設置するメリットとデメリットを紹介していきます。

自分で設置するメリット

1本のアンテナ

自分でテレビアンテナを設置する最大のメリットは、費用を節約することができるところです。電気工事屋に設置工事を依頼すると、3万円~4万円の費用が最低でも必要になります。自分で設置すると、アンテナ代と器具の費用しかかかりません。

DIYでアンテナ設置する前に…

設置個所を確認

テレビアンテナの種類によって、最適な設置する場所が異なります。電波を受信することがアンテナの目的なので、電波が受信しやすい角度や向きに調整する必要があります。これは難しい作業になるため、自分で設置工事を行なう場合は、設置場所によって時間がかかることもあります。住宅の場合は屋根の上が一般的ですが、最近は外壁や室内に設置できるアンテナもあります。

電波受信を確認する

アンテナの向きや角度を決めるためには、電波の指向性を確認しなくてはいけません。多少のずれがあっても、現在のテレビアンテナだと、電波を受信することができます。しかし、住んでいる地域によっては、地理的に電波が弱くなっているエリアもあります。電波の状況や発信所の方角を確認しないと、高感度のテレビアンテナでも受信できません。

自分で設置するにはリスクもある

自分で設置工事をする場合は、テレビアンテナの落下に注意しましょう。屋外に設置する場合は、専用の器具で正しく取り付けないと、雨や風で落下してしまいます。また、高所での作業となるので、足を滑らせて落下する危険性もあります。

TOPボタン